手のひらにPCを乗せるイメージ

もはや老いも若きも老若男女誰もが使っているソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)。
SNSがないと生活が成り立たないと言っても過言ではありません。
ニュースや時事ネタ、おもしろネタだけでなく最大の魅力である拡散力と現在起きていることをすぐさま共有・把握できる力は何にも劣らず強力な影響力を持ちます。

これは個人が楽しむだけのものではなく、いまや大手企業がビジネスに活用しています。
自治体なども情報共有やサービスの周知のために力を入れて取り組み、今まで一方的だった情報の提供が、情報を伝えたい対象者との双方向のコミュニケーションに変わりました。
コミュニケーションが取れることによって信頼関係ができ、評判が上がるなど、多くのメリットが生まれています。

その信頼や評判からユーザー同士に口コミを広げていく拡散性が一気に高まり、ユーザー数が多い投稿が瞬く間に広がる現象が起きています。
これはいいことだけではなく悪い情報もすぐさま広がるので、誠実でない企業や商品、サービスはすぐに淘汰されてしまいます。

SNS利用は大手企業や自治体だけでなく、中小企業やさらには個人のビジネスでも大いに活用されています。
中小企業や個人は大手企業に比べ、圧倒的に予算も知名度も信頼度もありません。
予算がなければ広告を打てず、広告が打てないということは多くの人に知ってもらえないというのが今までの現状でした。

しかし昨今、この現状にSNSが風穴を開けています。
SNSではオウンドメディアを作りやすく、個人でも中小企業でも信頼を集めることができ、多くのターゲットに自分たちのサービスや情報を知ってもらえるようになりました。
オウンドメディアとは自らが発信する媒体です。
ホームページやブログ、メールマガジン、冊子なども当てはまります。
この中にSNSも含まれ、誰しもが自分自身のメディアを簡単に立ち上げ活用し、趣味の共有もできます。
それによりビジネスを繰り広げ大成功を収めている個人も出てきています。

個人の趣味のブログでさえも人気が出れば多くのユーザー数を獲得できます。
人が多く集まるところは広告にも目が止まりやすくなり、れっきとしたビジネスが成立します。

一人ひとりが情報発信をする今の時代、正しくSNSを使いこなし人々を惹き付けるブランディングに成功すれば馬鹿にならない収入を得ることもできます。
これは働き方の多様化とともにまさに生き方の多様化に繋がる大きな時代の大転換の始まりとなっています。

SNSってどんなものがある?

ソーシャルアイコンのイメージ

では個人がビジネスで活用するためのSNSにはどんなものがあるのでしょうか。
大まかに分けてインスタグラム、Twitter、Facebookが挙げられます。
それぞれのツールには特徴があり、それを効果的に使いこなすことによってビジネス集客への影響が変わってきます。

インスタグラム

インスタグラムは写真を共有するサービスなので商品の画像を出しやすいという特徴があります。
しかし商品ばかりアップしていても対象者と良好なコミュニケーションが取れないばかりか、消費者は溢れすぎたSNSの広告にうんざりし、もう見ることをやめてしまう可能性も出てきてしまいます。
それよりも街なかの風景や自然の中の美しい草木や空や星、愛くるしい動物など、人が見て誰かとコミュニケーションを取りたくなる画像をアップしたほうが密接な双方向の関係が出来上がり、信用度が上がりやすくなります。

Twitter

Twitterは日々のつぶやきを共有するサービスですが、一個人の日常生活のつぶやきに興味があるのは友人や恋人などごく近しい人達だけで、それでは集客にはなかなか繋がりません。
いかに有益な情報を発信し続け第三者にとって役立つかがTwitterでの集客のカギとなります。
相手が知りたがっている情報を添えて日々のつぶやきにすると多くの人の興味・関心を引きやすくなります。

Facebook

Facebookは実名での登録が原則となっているので、よりリアルに繋がります。
Facebookでは画像も文章もリンクも何でもアップできトータル的な活用ができ、インスタグラムやTwitterでそれぞれの特徴を活かして発信した情報を上手くまとめて再発信すれば拡散性は増します。

これらのSNSには個人でも少額から広告を打ち出すことができます。
数百円からでも広告を出すことができ、年齢・性別やどこに住んでいて、どんなことに興味があるかなど、ターゲティングができてしまいます。
ここぞというときに広告を出せばSNSの拡散性は高まります。

しかし広告で勝負をしようとすると、それこそ資金力が潤沢な企業や著名人に負けてしまいます。
SNSの醍醐味はコンテンツ力とその継続で養った信用力、信頼度です。
これは一朝一夕では築けないばかりかいくらお金を積んでも得ることはできません。

便利に誰もが使っているSNSですが、この使い方一つで大きなビジネスに繋げられる時代です。
それぞれの特徴をよく把握してビジネスツールとして使えば、これほど便利に拡散できる媒体は今現在ありません。
個人にもビジネスチャンスは大きく開かれた時代の到来です。