インスタグラムは、インスタ映えという言葉が流行語になったことでも知られていますが、実際に月間アクティブユーザー数は2000万人に達する状況にあり、写真を中心にして簡単な文章を加えるというスタイルがお手軽なのでよく使われるSNSとなっています。
このようにユーザーが増えていくとビジネスツールとして自社の取り扱う商品などをお知らせしたりする広告媒体として期待できるものとなります。
そして実際にインスタグラムではビジネスシーンでの活用を促進するべく企業に直接連絡できるボタンを設置するビジネスプロフィールやいいねを押した人などの傾向を分析するインスタグラムインサイト、投稿の宣伝など広告を出稿するツールが出されています。
しかしこれらのビジネスツールを利用する前提としてインスタグラムの基本機能を押さえておきましょう。

まず、インスタグラムは写真と簡単な文章を投稿するというものですが、自分の投稿だけでなく人の投稿写真を自分のアカウントでシェアするという方法があります。
例えば自社製品を使ってくれている写真を用途を説明するためシェアという考え方もあるでしょう。
その際にはリポストという方法を使います。
リポストを行うには専用アプリをダウンロードして活用する必要があります。
次に人の投稿をスクリーンショットで撮影するという方法があります。
通称スクショと呼ばれています。
スクショをする際に注意しておく必要があるのが時間が経過すると消滅する設定となっている写真を撮影すると撮影されたことが投稿者に通知されてしまいバレることにより、投稿者の意図に反したという点でトラブルのもととなります。
この消滅する写真というのがストーリーズ、通称ストーリーと呼ばれるものでスライドショー形式のコンテンツを24時間で消える設定で掲載するものです。
ライブ配信等にも利用できます。

そしてタグ付けという機能ですが、これは自分が写真を投稿する際にインスタグラムのアカウントを持っている人が写っている場合に、写真に写っている人のアカウント情報を追加できる機能です。
自分が他の人の写真にタグ付けしてもらえれば集客機能が期待できるといえます。
さらにアーカイブという機能ですが、これはリアクションが薄い写真や失敗したと思われる写真を表示しないようにできる機能です。
アーカイブをうまく活用することにより投稿が美しく無駄のない形になります。
最後にダイレクトメッセージですが、これは特定の相手と個別にやりとりするツールです。
問い合わせ等についてはこのダイレクトメッセージのツールを利用して対応することができます。